猫ブリーダー|ニャンコキッズとは

😸ニャンコキッズ運営者の本木です。

ニャンコキッズは自然に恵まれた関東、群馬県の田舎の自宅にて拘りを持って、皆様に愛されるミヌエット仔猫、マンチカン仔猫を世に送りだす事に毎日を努力しています。目の行き届く少数の親猫にて猫ブリーダーをしています。

今がある 幼少期

元々動物好きな家族(父)の中で育ち、チャボ15、孔雀1、レース鳩20、シャモ4、山羊2、犬3、ウサギ20、猫3、保護トビ1、が時期こそ違いますが居る家庭環境で育ちました、 

飼育分担で辛い日もあったけど、それでも動物と楽しく過ごしていました。嫌だと思ったのは雨降りの草取りでした(笑)。

 

今思えば、そんな時期から動物とのふれあいが有り、ブリーダーという世界にいるのかもしれません。


🐱猫ルーツは不透明🐱

現在猫種は多数あり自然発生、先人により人為的発生と居ますが異種交配結果としての猫種です。考え方によっては雑種とも言えます。登録団体が猫種と認めた時点から血統登録猫と認定されるという事です。一例ですが古くはブリティッシュ、エキゾチックもペルシャからの人為的発生猫です。「・・・ショートヘア―」表記される猫は、ショート因子を異種交配により取り込み100%ショート猫にしたかった意図がうかがえる訳です。ですが完全にロング因子を排除できなかった事によりロングヘア―も居るのです。この新種改良の事からも異種交配のルールもない時代での結果として色々な猫が存在しているのです。このように異種交配によるルーツ、その他に不透明な事が有ります。

😸販売努力を惜しむ傾向😸

ブリーダー業をターゲットにネット上に多数の有料マッチングサイトが出現しています。近年開業参入のブリーダーは自らのHPを運営せずマッチングサイトに頼る傾向です。”手数料は結果、購入者が払っているので”という思いがあるらしい。購入者は表向き利用無料との表記にひかれ、高額な手数料が含まれた高い購入金額を払う結果になるのです、ブリーダー運営HPから直接お迎えして手数料無しの金額で購入するのがお勧めです。(約30万の販売価格には3万円越えの手数料徴収されているのです。)

 

※手数料がないマッチングサイト

 ・ペットステーション

 ・キャット ブリーダー ネット JP

※手数料がないサイト

 ・各々のブリーダー運営のホームページ


動物取扱表記

事業所の名前 ニャンコ キッズ
動物取扱業の種類 販売
動物取扱責任者 本木 伸一
登録の更新日時 令和2年4月3日
登録有効期限の末日 令和7年4月2日
登録番号 群動愛 第0820-007号
事業所所在地 群馬県伊勢崎市除ケ町351-3
小動物販売管理士(G.S.P公認) SS-KP21-024