NETで見るキャリコは、殆んどパッチド

日本語で表現される三毛猫は、黒、赤、白の三色を持つ猫全てを三毛猫といいます。

希釈因子の有る場合、黒はブルー、赤はクリーム、白は白という薄められたカラーになり、これも三毛猫です。

 

登録団体登録表記では、三毛猫を区別しての登録になります。三毛は全てキャリコとはならないのです。

・キャリコの三毛猫登録には、指定条件が有ります。キャリコ条件が無い三毛猫にも指定条件が有り、毛色が有ります。

・キャリコ指定条件を持ち、希釈因子でブルー、クリーム、ホワイトの時ダイリュート キャリコとなります。


NET上、キャリコ登録の仔猫を見ると

 

◉シルバーパッチドタビー&ホワイト

◉ブラウンパッチドタビー&ホワイト

◉トーティー&ホワイト、など

 

上記カラーの仔猫がキャリコとなっている。

 

※タビーの因子は強く交配における知識を持たないとキャリコは生まれません。三毛で有る事に間違いありません。

【参考画像】シルバーパッチドタビー&ホワイト

NET上、ダイリュート登録の仔猫を見ると

 

 (希釈因子によるカラー

◉ブルーパッチドタビー&ホワイト

◉ブルートーティー&ホワイト、など

 

上記カラーの仔猫がダイリュート キャリコとなっている。

 

※三毛の希釈されたカラーは大変な人気カラーですが、タビーが有る事でダイリュート登録ではないです。

【参考画像】ブルーパッチドタビー&ホワイト


人気が有るからキャリコ、又はダイリュートの登録は如何なものか?。キャリコ、ダイリュートは交配条件を整えない事には生まれません。特に問題になるとは思いませんが注意が必要かもしれません。

 

キャリコ、ダイリュートに拘る猫探しのご家族様は表示カラーだけでなく、この点にも関心を持ち、探求する事をお勧めします。

目視】黒系表現部分がグレーに近く、濃い縞がみえるはっきり見えればキャリコではありません。キャリコの場合、黒系表現部分は鮮明な黒毛です。ダイリュートも同じ見方となります。