ワクチンとは

ワクチン接種にはリスクがあり恐いものです。ですが、接種しない事はそれ以上のリスクとなります。ワクチンについて知識の範囲で記載致します。

 

  • ワクチンは弱毒化した病原菌を接種し抗原をつくる事を目的とし、更にブーストで増強する。ですが100%その病気に感染しないという事ではない。
  • ワクチンを接種している生体は急速に重症化する事を防ぎ、未接種の生体ですと急速に重症化になる。何れにしても飼い主様は早くに変化に気づいてあげる事が必要です。

ワクチン接種のガイドライン


2020年3月 改

2020年3月よりワクチンの接種について、接種プログラムの変更を致しました。お迎え頂く御家族様に新たな御説明になります。

 

現行では生後2ヶ月(初回)、3か月目(追加)とし、後、1年後の接種としていましたが、個体差も有り3か月目の接種時期でも親からの移行免疫が残っている事が有り、ワクチン抗原ができる子と、できない子が居るとの事です。よって”4か月目にワクチンを追加接種する”方法と御説明させて頂きます。

 

移行免疫とは


親からの移行免疫を沢山持つ子もいれば、少ない移行免疫の子もいるらしい。

 

移行免疫の50%は胎盤から受け、初乳からも免疫を受け取る。この初乳から受け取るにはタイムリミットが有り、母乳を飲んでいる間、何時までも免疫を受けている訳ではありません。

生体のワクチン接種について


ワクチンには多数のメーカー、多種混合ワクチン、製法の違うワクチンが存在します。通常初回のワクチンは3種のワクチン接種ですが、獣医師により違いもある。対応症が多種に成れば、生体にかかるリスクも多くなると言われています。

★初回ワクチン★


  • 通常、生後およそ8~9週齢(2ヶ月)で初回のワクチン接種になります。
  • 母体の事情等で初乳を充分に飲んでいない生体は、移行免疫を微量しか持っていない為、リスクがありますが4週齢でワクチンを接種するようです。

★追加ワクチン★


★2回目=生後3カ月、3回目=生後4カ月 その後6カ月後 or 1年後 と2論ある

 【3回目ワクチン(生後4カ月)について】

前倒しでのワクチン接種はしない方が良いです。親からの移行免疫が僅かでも有るとワクチンによる抗原ができないと言われています。移行免疫が無くなる時期は個体差が有る様ですが、3回目のワクチンを生後16週を過ぎてから接種すると、高い確率で抗原ができると言われています。 

★ワクチン接種のリスク★


  • ワクチン接種でショック死する事も有る。又、熱をだす事も有りますので、接種後は注意と安静をしなくてはいけません。多頭飼育していた場合、幾日かケージ等で飼育する事が必要です。又、ワクチン項目内の症状が出る事も有ります。
  • まれにワクチン接種部にシコリが出来る事がありますが、早めに診察を受ける事をお勧めいたします。放置した場合、癌化する事があるらしいです。

 

体験談


  • 16年位前の出来ごとですが、当時はヨークシャテリアの専門ブリーダーでした。その時期お付き合いしていた獣医様にてワクチンを接種。家に戻り暫らくしたらぐったりしてしまい直ぐに病院に戻り治療をして頂きました。

    その時、インターキャットを接種し、”今回のワクチン接種は無効化されます、体調が戻り次第、違うワクチンを接種、それが初回となります”と説明されました。これも獣医師様の責任ではない事は先に理解していました。
  • 2017年8月、子猫の出来事ですが、ワクチン接種後、家に戻り約1時間後ぐらい後、子猫の様子を見に行くと、1匹だけ横たわって目だけパチクリして身動きしない状況の異変に気付きました。

    直ぐに”ワクチン負け”して居る事に気づき、獣医師に連れて行き、手当して頂き、1時間ぐらいで元の元気な状態になった。
     この時、ステロイドの投薬で、”ワクチン接種は有効で抗原は出来ます”との説明でした。

御家族様に必ず説明の重要性


  • 初回ワクチンで”ワクチン負け”した事があった場合、お迎えする飼い主様に接種したワクチンの全ての情報(ワクチン名)は必ず告げる必要があります。次回のワクチンで同じワクチンを接種すると、強い反応を引き起こし死亡する事があります。
  • ワクチン負けに気づかない位の、短時間で元の元気な状態になる事も有ります。

記載内容に異論、間違い等お気づきの点有りましたらご指導をお願い致します
090-5802-8800 本木


子猫のお部屋をご案内