ミヌエットについて

ミヌエット参考画像(1)
ミヌエット短足

ミヌエットに改名

 ミヌエットは、旧名「ナポレオン」と呼ばれていた猫です。歴史は非常に浅く、2015年5月1日より猫種名がミヌエットに変更になりました。

 

 ナポレオンという固有名詞に本国よりクレームがついたとの事らしいです。

ミヌエット参考画像(3)
ミヌエット短足

ミヌエットの父母

  ミヌエットは、マンチカンとペルシャ系との交配、及びミヌエット同士の交配により誕生したハイブリット種です。

 

 15年以上も研究され、アメリカの猫協会TICAにより新猫種として認められ、日本でも多数のキャットクラブで登録が開始され、人気の猫種となっています。

 

ミヌエット参考画像(5)
ミヌエット短足(シェーデッドシルバー)

ミヌエットの特徴

 産まれる子猫はマンチカン同様、短足、並足。ロングコート、ショートコートで産まれます。短足は出生率が低いです。

 

 ミヌエットの毛質はペルシャ系よりも太めであり、ペルシャより毛玉に成りずらい気がします。

 

 ロングですと飾毛(エプロン、襟巻き)が綺麗に出来ます。お顔立ちも、何とも言えない特徴が有ります。

ミヌエット参考画像(7)
ミヌエット短足(シェーデッドシルバー&ホワイト)

ブリーディング目標

 個体は様々ですね。
当方にて目指す子猫は、大きい目、まん丸なお顔、耳は小さめ、極端な鼻の詰まり(マズル)ではなく、誰が見てもとても可愛い顔立ち、短毛長毛いずれも綺麗なコート、バランスの良い体型。短足、並足どちらも健康な子猫である事となっています。

ミヌエット参考画像(2)
ミヌエット短足

ミヌエットの登録

 血統登録は、足の長短、被毛の長短に区別なくミヌエット登録となります。


 まだ歴史が浅い猫種ですのでミヌエットとしてのスタンダードが確立していない為なのでしょうか、キャットショーにおいては単独猫種として扱われていないキャットクラブもある様です。
現在、大多数のクラブで公認種に成って来ました。
 

ミヌエット参考画像(4)
ミヌエット短足

ミヌエットのお手入れ

  現在のところショートヘアーとロングヘアーに分けられ、毛質は絹様ですが、ペルシャよりも少し硬い感じを受けます。

 

 ロングコートの場合、毎日のブラッシングは欠かせません。又、ペルシャ系に多い、目周りのケアも必要となる場合があります。

 

 お手入れを怠りなくする事が、飼い主様に要求されます。

ミヌエット参考画像(6)
ミヌエット並足

ミヌエットの現在

 現在、ミヌエットは独特な可愛さを持ち、認知度は異常とも思える程高まり大人気の猫種で、希少種となっています。

 

 マンチカン同様、短足のミヌエットは出生率が非常に低く、高額になる事は避けられないようです。