マンチカンについて

マンチカン短足・参考画像(1)
マンチカン短足(ブルー&ホワイト)

マンチカン

 マンチカン (Munchkin) は、北アメリカに起源を有する猫の一品種。マンチキンと呼ばれることもあります。

 

 犬種のダックスフントやコーギーの様な.そして何よりもその短い脚を特色とする猫です。

 

 脚が短い猫だけがマンチカンと言う事ではなく、マンチカンの猫種から生まれた猫は並の脚長でもマンチカンです。

 

マンチカン短足・参考画像(2)
マンチカン短足(レッドマッカレルタビー)

マンチカンの発見

  マンチカンという猫種それ自体の歴史は他猫種に比べれば浅いが、突然変異体としての「短脚猫」の存在は古くから確認されていたらしい。

 

 トラックの下で暮らしていたところを保護されたその猫は、遺伝学上の検査の結果、健康体であることが確かめられました。

 

 そして、脚固体と通常の脚個体との交配が試みられたところ、同様の短い脚を持つ子猫が誕生した。

マンチカン短足・参考画像(3)
マンチカン短足(レッドT&ホワイト・ロング)

マンチカンの生活

 マンチカンのが日常生活に支障を及ぼす事はなく、普通の猫の飼育とは何ら変わりは無いです。

 

 跳躍は並足と比較するとバネとなる部分が短い為、多少ハンデが有るかもしれませんね。

 

 歩幅が小さいので並足の猫よりも歩数が多くなり、チョコチョコしている感があります。

マンチカン短足・参考画像(4)
マンチカン短足(ブラックスモーク・ロング)

ユニークな動作

 体長よりも短めの動作豊かな尾を持ち、片足をもう一方の足と同じ直線上に置きつつ、尾を直立、さらに頭部まで尾先がくるまでにさせたうえで腰を振りながら歩きます

 

 ファッションショーでのモデルの「キャットウォーク」を思わさせるような風変わりな歩き方をします。その外観上の愛らしさ、動きのユニークさが好評を得て現在に至っています。

マンチカン並足・参考画像(5)
マンチカン並足(シルバータビー)

マンチカンの現在

 その交配の歴史の中でありとあらゆる猫種を相手にしてきた為、頭の形から被毛の色、被毛の長さ、被毛の形状、等あらゆる種類のものが現在、存在しています。

 

 短脚の出生率は極めて少なく、その特徴が固まるには数十年、数百年の時間が必要かも知れません。

 

 短は希少な為、高額になる事は避けられない現状です。