ブリーダーの飼育法の違い


ブリーダーの飼育方法に2つ分ける事が出来ます

飼育方法

寄せ飼い(全てごちゃごちゃに飼育している方法)

 

単頭飼い(大きなケージにて飼育している方法)

【寄せ飼い】


トイレ数は少なく、共有生活。お世話の時間は非常に短時間で済む。

一般の見学者においては、ほのぼのとした好印象に見える。

感染症などが入ると大変な事になる。拡散が早い。

事あるごとに余分な予防投薬、治療が高い頻度で起こりうる。

自分の時間が充分にとれ”楽”だと考え、選択する事が多い。

【単頭飼い】


トイレ、水、食事の共有は無い。

お世話は大変な時間となる(数倍かかる)。

同じスペースでも寄せ飼い程の頭数は飼育が困難。

代わる代わるの運動の時間。

見学者には、好印象は低いが、安全性は高い。

感染症などが入っても大変な事にならない。

法律に乗っ取った飼育方法です。(保健所確認済み)。

獣医師に勧められる飼育方法(世に生体を送り出すプロの認識)。