チンチラについて


ペルシャ

 ペルシャの起源は純血種の中では最古の品種の一つとされています。その後、交配により様々な毛色が出現しました。

 

 ペルシャはキャットショーでの代表格であった歴史の中、昨今では、飼育管理の大変さからでしょうか、繁殖者も減ってきています。優雅で美しい容姿は多くの熱烈な人気を持つ猫として現在に至っています。

 

 短めの足、ドールフェイスと呼ばれる丸い目と低い鼻、耳のあいだが離れ,大きさは中型コビータイプで体長は短く丸い体型、体重は3.0~5.5kgが標準とされています。

 

  ペルシャの中でシェーデッドカラーのうち、ゴールド又はシルバー毛色の猫で青または緑の目を持つ猫は、チンチラペルシャと呼ばれています。
 ※以後”チンチラ”と記載


チンチラ

チンチラ子猫参考画像(2)
チンチラ シルバー

 1882年のイギリスにてチンチラが作出され、その後アメリカに輸出、多くの熱狂的な愛好家を生み出しました。

 

 愛好家はアメリカ猫血統登録団体、CFAにチンチラをペルシャから独立させようと申請したが、ペルシャと分けるのは毛色以外に特別な容姿が無いことから結果、CFAはこれを見送り、ですが、キャットショーではペルシャとは別としてチンチラのショーが行われることになりました。


ペルシャと異なる特徴

 目の色が緑または青系統であり、アイラインがより強くくっきりと描かれている事。

 

 また、毛先に入るシェード(影)が、ペルシャは毛の3分の1であるのに対し、チンチラでは8分の1とされ、ペルシャよりも明るい色合いが特徴。

 

 チンチラは上品で落ち着いた性格でマイペースでゆったりとし、大変静かで、鳴いたり騒いだりという事が少ないとされています。

チンチラ子猫参考画像(1)
シェーデッドシルバー

コートカラー

  • 【チンチラシルバー】
    アンダーコートも白く背中と脇腹、尻尾と頭はわずかな黒のシェイドが入ります。
  • 【チンチラブルー】
    黒のシェードの代わりにブルーのシェードになります。
  • 【チンチラゴールデン】
    アンダーコートはアプリコット又はより明るい色です。毛先のシェードは黒が入ります。
  • 【ブルーゴールデン】
    アンダーコートはさらに青白く明るい色で、毛先のシェードはブルーです。
チンチラ子猫参考画像(3)
チンチラ シルバー

お世話

 チンチラはペルシャより毛質が軽いとされてますが、長毛で被毛が多いのは同じです。

 

 トップコートは軽くて細く毛玉になりやすい為、毎日のブラッシング、コーミングをして下さい。ブラッシング、コーミングで抜け毛を処理しないと毛を飲み込んで毛球症をおこすことがあります。注意して下さい。

 

 又、皮膚の血行の改善効果があり、コート内の通気を良くしてあげることで皮膚疾患を予防します。

チンチラ子猫参考画像(4)
チンチラ シルバー