HOMEお取引き

お取引について

 より良いお取引ができます事を願っています。

 

沢山の項目が有りますが口頭での説明ですと、お伝えに不十分な事が発生しかねません。よってここに記載をしました。

2020年6月1日より動愛法の施行により事業所外での取引は禁止となります。

詳しくはこちら  

お取引の流れ


STEP 1 お問合せ前の確認

  • ひやかしの問い合わせでない事
  • 動物愛護法(対面の成立)に基ずいた合法な取引が可能な事。
  • 猫を迎える事に家庭内、近隣に問題が無い事。
  • お迎えした日から生体管理は飼主責任だと理解している事。
  • 動物病院の受診が速やかに出来る事。
  • 動物を投棄、虐待せずに生涯飼育ができる事。
  • 飼育について学習努力、必要に応じて部分ケアをする事。

STEP 2 見学のご予約

  • 各々、子猫の詳細ページに問合せフォームが設置してあります。送信して下さい。尚、引渡し時に直接対面手渡しが可能であれば、その旨連絡して下さい。(下記の合法取引(対面の成立)をご覧ください。)

STEP 3 子猫の購入のご予約(・売買契約ではありません)

  • 取引対象は生き物です「取引について」の全てを理解、確認同意を必ずして下さい。工業製品ではありません。
  • 購入を決めた場合、予約成立の手続きをお願い致します。

参考ページ=生体購入予約について 

 

STEP 4 子猫のお迎え(引渡し予定日)

  • 引渡しは2回目のワクチン接種済み後を推奨致します。
    ワクチン接種(生後2ヶ月、3か月、4か月以降の3回接種)
    、3回目の接種は前倒し接種はしない事(生後120日以降)
  • 事前予約後の引渡予定日は生き物の特性上、確約では有りません。
     参照ページ=お引渡しについて

動愛法に基ずく合法取引とは


2020年6月1日より動物取引について

この法律は購入者、販売者、双方に対しての法律になります。

  • 売買契約は販売者の登録事業所のみとし、事業所外での売買契約は違法。

違法例
①購入者のご自宅にお届けして其の場での売買契約、契約締結。
②駅などの中間点での取り引き、売買契約、契約締結。

  • お引渡日、売買契約日を含め一度必ず子猫、購入者、販売者(動物取扱責任者の有資格者)と対面し生体説明、飼育についての説明等を受ける事が必要です。(対面の成立)
  • 代行と称する動物取扱業登録者を介しての遠方取引は違法。
    (仲介(代行)での販売の規制)

  • 動物愛護法に定める日齢前の売買契約締結、引渡しは違法。
    (現行49日齢以降)=改正2019/6/19公布~2年以内に56日齢施行)

 

・・・取引とは何処から何処まで?(愛護センター)・・・

  • 販売者、購入者は販売者の登録事業所での法律に基ずく行為とし、売買契約書を交わした時点迄を取引とする。 

 

対面の成立は


  •  直接お迎えに来て頂く方法。
  • 既に売買契約を完了している御家族様のみ空輸輸送は可能。
    (費用負担あり)=空輸について
  • 既に売買契約を完了している御家族様のみ直接お届けは可能。
    (費用負担あり)
  • 業者陸送には対応出来ません。
  • 動物取扱有資格者同士の取引の場合は、対面を必要としない。

動物保険と動愛法


  • ペット医療保険の代理店(募集人)として合法取引が必須です。
  • ペット保険加入をお迎え時までにご検討下さい。
  • (注)業界者様、ブリーダー、それに準ずる方のお取引はペット保険、当舎独自保証は対象外です。又、偽りの取引が発覚した時、取引時まで遡っての賠償請求を受ける事になり経ます。

血統書の取扱い


  • ペット飼育者の血統書は避妊去勢証明書確認後の発送とし、誕生日を起算日とし210日(7ヵ月)までの証明書提示を要件とし確認次第発送致します。(注)期限内に証明書提示が無い時、血統書は破棄致しますので発送が出来ません。
  • 業界者、それに準ずる方は取引条件をご承知頂き、血統書は出来次第発送します。

子猫のお部屋をご案内